総量総量規制対象外のカードローンならまだ借りれる!

 
既に消費者金融で年収の三分の一以上借り入れしてる方に朗報です!
銀行カードローンなら総量規制の対象外となり、既に借金がある方でもまだ新たな借り入れが可能になります!

 

↓総量規制対象でまだ借りれるローン↓

 

 

総量規制対象外カードローン!すぐ借りれる即日審査の銀行

 
カードローンで総量規制対象外のものをご紹介!今すぐ借りれる即日審査の銀行カードローンなら消費者金融からの借り入れと違って、総量規制対象外なので審査に通りやすい!審査が甘いと噂されているローンを厳選。
 
銀行カードローンの審査には通りにくいって本当?

いいえ、そんなことはありません。確かに消費者金融が行ってる瞬フリのようなスピード審査ですぐに融資をするという迅速さには欠ける点もありますが、その分、消費者金融よりも金利が低いので、安心して借りれるというメリットもあります。

銀行カードローンと消費者金融のカードローンの違いとは?

 
消費者金融でお金を借りようとした場合、融資限度額の壁があります。

ある程度信用があれば、限度額を高く設定してもらうことも可能ですが、貸金業法には総量規制という融資規制があり年収の3分の1以上の貸付ができないことになっています。

 

ただ、規制には例外があり、俗にいう「おまとめローン」のようなローンは総量規制の対象外となっています。おまとめローンを利用する人は借入金が過大になっている人であり、総量規制をそのまま当てはめると融資ができなくなってしまうためです。

 

このおまとめローンを最初に始めたのは銀行です。

銀行には総量規制がないため、もともと総量規制の対象外になっていました。おまとめローンを企画することも難しくはなく、審査さえしっかりすればローン商品として成立したのです。

 

おまとめローンだけではなく、銀行のカードローンは全て総量規制の対象外となっています。そのため、銀行系カードローンは消費者金融より融資限度額を柔軟に設定しています。融資限度額の目安を公表している銀行も多いのですが、その際は大体年収の半分程度を基準としていることが多いようです

 

銀行系カードローンは金利が安いと言われています。これはある意味当然のことであり、融資限度額が高ければ金利は下がるので、金利が下がるのです。銀行系カードローンはもともとの金利が消費者金融より低めに設定されていることもありますが、融資限度額の高さが金利の安さにつながっている部分が大きいと言われています。

 

とはいえ、融資限度額は高いほどいいとも言い切れません。高すぎる融資限度額は使い過ぎを招きます。とかく消費者金融は総量規制のため、融資限度額が少なくて使い勝手が悪いと言われますが、必ずしもそうとも言い切れないのです。