総量総量規制対象外のカードローンならまだ借りれる!

 
既に消費者金融で年収の三分の一以上借り入れしてる方に朗報です!
銀行カードローンなら総量規制の対象外となり、既に借金がある方でもまだ新たな借り入れが可能になります!

 

↓総量規制対象でまだ借りれるローン↓

 

 

総量規制対象外カードローン!すぐ借りれる即日審査の銀行

 
カードローンで総量規制対象外のものをご紹介!今すぐ借りれる即日審査の銀行カードローンなら消費者金融からの借り入れと違って、総量規制対象外なので安心して申込可能なカードローンを厳選。

 

総量規制対象外だから、他の金融業者で年収の3分の1を超える額の借り入れがあったとしても、新規で借入れが可能なんです。また、年収の3分の1以上の借入額を希望しても大丈夫です。特に銀行カードローンの場合は、金利が低いので高額借入れを長期の分割返済がお得なんです。

 

こちらもおすすめ→プロミス 電話確認なし

 

限度額300万円までなら【収入証明書が不要!】審査がたったの【最短30分!】審査が通過した後に、ローン契約機でカードを受け取ることで【即日融資も可能!】

※お申込みいただける方の条件は、 20歳以上69歳以下の方。 毎月の安定した収入のある方。 三井住友銀行指定の保証会社「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」の保証を受けられる方。

 

実質年率 借入限度額 担保・保証人 手数料・年会費等 収入証明書
4.0%〜14.5% 最高800万円 不要 不要 極度額300万円まで収入証明書は不要です。

 


※審査結果のご連絡は9:00〜21:00までとなります。

 

みずほ銀行キャッシカードをお持ちならすぐにカードローンの利用可能! 限度額200万円までなら【収入証明書が不要!】 Web申込みで【最短即日利用可能】お申込みは【24時間対応! 【来店・郵送も不要!】 さらに、専業主婦の方でも配偶者の方に安定した収入があれば【最大30万円まで】お借入が可能!

※お申込みの時間帯等によりご利用開始日が翌営業日になることもあります。

 

 

実質年率 借入限度額 担保・保証人 手数料・年会費等 収入証明書
4.0%〜14.5% 最大1000万円 不要 不要 200万円まで収入証明書は不要です

 

 

 

おまとめ借り換え

【限度額最高800万円!】と借入れ・おまとめ・借り換えなどが余裕でできる【オリックス銀行キャッシカード】です!おまとめがオススメな理由は、借入が高額になるほど低金利!例えば150万円以上の借入で6.0%〜。さらに300万円以上なら4.5%〜!使い道自由な【フリーローン!】 ご利用限度額300万円までなら【収入証明書が不要!】 【来店不要・口座開設不要】 借入残高が30万円以下の場合、月々の返済は7000円でOK!

 

実質年率 借入限度額 担保・保証人 手数料・年会費等 収入証明書
3.0%〜17.8% 最大800万円 不要 不要 限度額300万円まで収入証明書は不要

 

 

 

銀行カードローンの審査には通りにくいって本当?

いいえ、そんなことはありません。確かに消費者金融が行ってる瞬フリのようなスピード審査ですぐに融資をするという迅速さには欠ける点もありますが、その分、消費者金融よりも金利が低いので、安心して借りれるというメリットもあります。

銀行カードローンと消費者金融のカードローンの違いとは?

 
消費者金融でお金を借りようとした場合、融資限度額の壁があります。

ある程度信用があれば、限度額を高く設定してもらうことも可能ですが、貸金業法には総量規制という融資規制があり年収の3分の1以上の貸付ができないことになっています。

 

ただ、規制には例外があり、俗にいう「おまとめローン」のようなローンは総量規制の対象外となっています。おまとめローンを利用する人は借入金が過大になっている人であり、総量規制をそのまま当てはめると融資ができなくなってしまうためです。

 

このおまとめローンを最初に始めたのは銀行です。

銀行には総量規制がないため、もともと総量規制の対象外になっていました。おまとめローンを企画することも難しくはなく、審査さえしっかりすればローン商品として成立したのです。

 

おまとめローンだけではなく、銀行のカードローンは全て総量規制の対象外となっています。そのため、銀行系カードローンは消費者金融より融資限度額を柔軟に設定しています。融資限度額の目安を公表している銀行も多いのですが、その際は大体年収の半分程度を基準としていることが多いようです

 

銀行系カードローンは金利が安いと言われています。これはある意味当然のことであり、融資限度額が高ければ金利は下がるので、金利が下がるのです。銀行系カードローンはもともとの金利が消費者金融より低めに設定されていることもありますが、融資限度額の高さが金利の安さにつながっている部分が大きいと言われています。

 

とはいえ、融資限度額は高いほどいいとも言い切れません。高すぎる融資限度額は使い過ぎを招きます。とかく消費者金融は総量規制のため、融資限度額が少なくて使い勝手が悪いと言われますが、必ずしもそうとも言い切れないのです。

 

カードローンメモ

 

即日振込みと言われるのは、定められた時刻までに申し込むと、当日内に振り込みが完了するサービスを言うのです。急な入用で、一刻も早く借り入れたいときに、とっても助かります。

 

キャッシングの返済は、店舗は勿論のこと、ウェブを介しての振込みとかコンビニにあるATMなどから、難なくできるはずです。返済日時を勘違いしないように、ちゃんと返済日を確かめてください。

 

今回初めてキャッシングをすることになったという人には、30日以内に借入金を全額返済すれば金利が不要なサービスを実施している消費者金融もあるようです。30日間のいつの時点を起点と考えるのか、この点については各消費者金融で確かめてみてください。

 

キャッシングはイメージこそよくなりましたが、あくまでも借金だということです。自分の稼ぎを鑑みて、遅延しないような限度で借りることが重要です。返済が滞ると、履歴として記録されますので、注意してください。

 

このところレディースキャッシングが人気です。ネットを使って借りれますから、女性陣も利用しやすいのだと想定されます。アコムのマスターカードは、主婦の方やオフィスレディーに認知されつつあります。

 

大学生でも、お金を借り入れしたいという人はいると思われます。大学生でありましても、バイトなどをすることで月毎に収入がある人は、無担保、その上保証人なしでキャッシングができるようです。

 

職場確認をしないでキャッシングが可能な消費者金融の中で、お勧めできるのはアコムとプロミスでしょう。アコムはマスターカードも受領できますし、プロミスは利息ゼロという期間があります。

 

カードローンに関しては、利用可能額内なら何回でも借用できますし、返済はリボルビング払いあるいは分割払いが大半だそうです。低い金利で借りる場合は、これが最良ではないでしょうか?

 

在籍確認審査では、届け出た勤務会社の在籍を確認する方法として電話を入れますが、消費者金融の呼称を使うようなことはなく、何処にでもある名前が使用されます。

 

消費者金融の店舗というのは、大抵が街中にあるようです。たくさんの人が行き来する場所にあるというのは、一見利用しやすそうですが、実際的に借りに行こうという場面では、知り合いに見られる可能性が高いと言えます。

 

過払い金の返金請求をすると、信用情報に悪影響を及ぼすかもと決めつけて、一歩を踏み出せない人もいるとのことですが、法律が変更されたことでその心配はなくなったのです。

 

即日融資が希望なら、定められた時刻までに申し込みが必要です。消費者金融それぞれで定刻が異なりますので、ネットでチェックしてから申し込むようにしてください。

 

インターネットキャッシングは手間なしです。必要な時に自分の家から、スピーディーに借り入れの手続きをして現金を手にできるので、多忙を極める人にはありがたいサービスですね。

 

昨今の消費者金融は、いたるところにあるコンビニATMを使用して、スピーディーに借入や返済が可能ですし、振込みという形式でのキャッシングもできるのです。店舗に行くことなく借りることができるのはありがたいです。

 

自己破産を気軽に捉えている人もいるそうですが、新規の借り入れが無理なのは勿論、将来的にも想定外の悪影響が出ますから、注意が必要です。何に対しても度を越さないようにするべきです。